Smilemeal公式ブログ-おいしく食べて健康に-

【レシピ監修】はじめての離乳食&制作にあたって思ったことをつらつら

2020年10月03日 |レシピ提案・料理制作・出版

皆様こんにちは。

管理栄養士・フードコーディネーター・料理家

㈱Smile meal 代表 渥美まゆ美です。

今日はレシピ監修のお知らせなのですが

保育園でも勤務してきて、ワーママ経験して子育ても終盤で

そんな私がこのお仕事を通して思ったことも

少し書かせてください。

カメラ;佐藤朗 スタイリスト;小坂桂

堤ちはる先生監修のもと、料理を担当させていただきました。

こちら保健センターの離乳食講座などで配られると思います。

何を、どのくらいの時期に、どのくらいの大きさや柔らかさで食べさせると良いのだろう・・・

離乳食は疑問だらけのワンダーランド👼👼

事細かに説明することも大切なのですが

丁寧にすればするほど、そのボリュームは多くなり

そして作業も本来なら家ご飯のついでに

「おとなごはんはここで火を止めて取り出し、離乳食の食材だけもう少し火をかけ続ける」

なんて「ついで」にやれば、3行くらいで済む説明が

1冊の本になっちゃったりするわけです・・。

かといって、料理たるものを全く経験せずママになる方も(避難ではないです)多いので

野菜の扱い方、切り方、火のかけ方から伝えないと

「きほん」という冊子にならないわけで・・・

結果

「キャベツ10gとか、こんな分量表記とか、細かすぎてやりたくなくなる!」

って声も、世の中に出てくるわけで・・・

担当の方にも色々想いをぶつけたのですが、

やはり全く料理をしてこなかった方に

いきなり「家ご飯ありきのとりわけ離乳食」がハードル高い人も多いわけで・・・

既に「家ご飯づくり」をしている方は

各出版社から出している離乳食を簡単に冷凍したり、取り分けたりする工夫の本を買って参考にすればよいわけで

子どもが大きくなるのと一緒に、「家ご飯」を少しずつマスターしていく方には

こういった

「離乳食からスタートするごはん」

から歩く方法も最近はアリなのだ

といったお話に、

少しすとんと私の中で落ちるものがあって

このように制作にかかわらせていただくことに

なりました。

諸々の子育てや離乳食の大変さなどは、保健センターの栄養士さんのところや

外部の団体さんとつながって、どんどんぶつけてもらえばと思います。

何より良くないなあと思うのが

ネットを調べて1人で解決しようと思うところ。

この仕事の期間中、ネットで色々調べましたが

「これはナシ」「この記事が良い」「こんな記事ありえへん」

というものが、ざっくざっく混ざっているんですよ。

やはり、情報の正しい選択は、難しい時代だと、改めて思います。

子育ては親だけが抱えるものではありません。

コロナで人との関りが難しい時期ですが、少しでも専門家とつながる場所で

もんやりとする気持ちを解消できる場所も見つけながら

1年ちょっとしかない離乳の時期を、ポジティブに歩いてもらえたらと

思います☺

制作にかかわってくださった皆様、

丁寧にご対応くださりありがとうございました!!

一人でも多くのパパママが、楽しく子育てできますように☺

それでは良い1日を・・・✨

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

朝詰めるだけ弁当188 重版しました!好評発売中!

https://www.amazon.co.jp/同時に3品作りおき-朝つめるだけ弁当188-渥美-まゆ美/dp/4791628691

Youtube配信はじめました!

チャンネル登録はこちらからしていただけると嬉しいです♪

https://youtu.be/icUmQJKrwDk


レシピブログ   にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ

ブログランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると励みになりますm(_ _)m


プロフェッショナル料理講師育成
お仕事のご依頼、お問い合わせはコチラから
ホームへ戻る
トップへ戻る